Amazon輸出は儲け易いビジネスだと融資の打診をして強く実感しました


アマゾン輸出は儲けの肝である商品探しを短時間にノーリスクで行える。
そのため商品を探し続ければ儲かるしかない。

会員さんから融資の打診をしたら以下の質問をされたという相談がありました。

マルマルに相談したところ昨日は以下を指摘されました。

マルマルからの質問
売れるか試してみる製品の市場性に関する詳しい資料(要は売れるかどうか、儲かるかどうか)

解説
売れるか売れないかは非常に重要ですね。
何しろ通常は商品を扱うために大金が必要なためです。

商品を作る場合は数十万円。
商品の代理店契約を結ぶ場合は数百万円。
フランチャイズに加盟する場合は数千万円掛かります。

しかしアマゾン輸出の場合は売れてから仕入れるならコストは0円です。
仕入れてからFBAに納品する場合もコストは1個分の商品代金だけです。

市場性を調べている暇が有ったら販売したほうが良いです。
また既存の企業は次のヒット商品の市場性を調べているうちに資金繰りに詰まって潰れています。
さらに、幾ら調査したって結局は実際に売ってみるまで儲かるか、儲からないかは分かりません。

売れるか試してみる製品製品を扱った場合の事業計画

事業計画も非常に重要ですね。
何しろ通常は商品を扱うために大金が必要なためです。

商品を作る、代理店契約を結ぶ、フランチャイズに加盟する等で数十万から数千万円掛かります。


倉庫代

さらに、商品を置くための倉庫が必要になります。
扱い商品にも寄りますが借りて倉庫の体裁を整えるのに数百万の経費が掛かります。
さらに、毎月の家賃も掛かります。

人件費

在庫管理の作業員、営業の人件費、売れたときの梱包をする作業員、在庫と人件費と入出金を管理する事務員が必要になります。

広告費
広告しないと売れないので広告費が必要です。
広告費を掛けられないと大抵の会社は潰れます。

これだけの費用がかかるので事業計画は必須ですね。

しかし、事業計画なんてアマゾンの物販には不要です。

掛かるのは商品仕入れの代金だけです。


倉庫代は不要です。アマゾンが用意してくれている倉庫をただ同然の費用で使えます。


人件費も掛かりません。

在庫管理の作業員、営業の人件費、売れたときの梱包をする作業員、在庫と人件費と入出金を管理する事務員、これら全てアマゾンが用意してくれています。売れたときにわずか400円前後の料金を払うだけで使えます。

広告費
アマゾンは膨大なトラフィックがあるので広告しなくても売れます。
売れた商品の15%の手数料を払うだけです。

売れるか試してみる製品メーカーとの契約内容(契約上のリスクの有無)

在庫リスク
違約リスクはない。

賠償責任など販売することによるリスクは、利益の範囲内に抑えることが可能。

既存の事業計画(現状で儲かってるかどうか)
上記仕組みにより見つけた商品で儲かっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA