カンタンに売れて儲かる未入荷商品、並行輸入、品薄商品の販売で儲ける場合の注意点


ブランド管理に厳しい商品を売るのはリスクが高いです

ルイ・ヴィトン日本未入荷

1999年には日本でヴィトンを売っていたのは高島屋の外商くらいだった。
そのため海外で仕入れてヤフオクで売ると儲かった。

至る所にヴィトンが現在では夢のような話だ。

リモアのカバンは日本で買うと高い

日本では林五しか正規品を扱っていない。
しかも品薄。

ルフトハンザモデルはドイツじゃないと売っていない。

並行輸入して販売すると儲かった。

リモアは複数回の販売に厳しい、そして最近は家電量販店でも並行輸入品を扱っている。

Aplleはブランド管理に厳しい

そしてロビー活動にも金使っているし、強力な弁護士軍団を持っている。

未入荷商品、並行輸入、品薄商品の販売をする場合、そのメーカーが厳しい姿勢で取組んでいるかの検証が必要。

ロビー活動に金使っているか、強力な弁護士軍団を持っているかが判断基準。

ディズニー

ジャニーズ

サンリオ

ソニー

アップル

ナイキ

シャネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA