中国仕入イーウー義鳥仕入の報告1


先ず最初によく知ったロゴを見たら99.99%ライセンス違反かニセモノです。
決して仕入れてはいけません。

タイトリストとフットジョイのダブルネームキャップ

タイトリストカートバック

タイトリスト+FJの帽子

タイトリストゴルフバック

言うまでもなくタイトリストの製品が格安で手に入るならそれは贋物です。

1 オリジナルロゴを入れたOEM生産について
OEMは考えていたより安く気軽に提供可能です。
3500円から5000円追加すれば1個からOEMでオリジナルのロゴを入れることが可能です。

例えば170円の商品なら
1個だと商品代金170円+3500円~5000円=3670円から5170円 これは特殊なケース以外無駄ですね。

100個だと商品代金170円×100個+3500円~5000円=20500円~22,500円 一個当たり35円のコストアップ

200個だと商品代金170円×200個+5000円~7000円=39000円~41000円 一個当たり17円のコストアップ
このくらいを目安にしてください。

2 商品の価格はかなり安いものが多いです。

サンプルを見る限りは品質にも問題はないです。

3 噂どおりロットは大きいです。
サンプルOKの場合は定価の2~3倍の価格になることが多い。
しかし、定価の2~3倍と言っても80円のものを160円で買うという金額なのでサンプルが手に入れば問題ない。

他、サンプルを断られた商品の単価とロット

80円の商品、最低注文個数300個 単価5円アップでOEMロゴ入れ可能。

250円の商品、最低注文個数500個

500円の商品、最低注文個数500個

230円の商品、最低注文個数200個

260円の商品、最低注文個数2000個

サンプルが買えなかった商品

110円の商品、最低注文個数125個

37円の商品、最低注文個数400個

190円の商品、最低注文個数80個

140円の商品、最低注文個数200個

総額が安いからと売れるか分からないものを大ロットで買うと身動きが取れなくなります。
これらは、サンプルを売ってくれる別の店を探します。
※ほぼ中国語しか通じません。
英語でやり取りするとサンプルを売って貰う事も難しいです。

3個以下でサンプルを売ってくれる店を見つけるのはかなり大変です。
転売アカデミーでは3個以下でサンプルを売ってくれる店を見つけるサービスを提供予定です。
これは、かなり使えるサービスになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA