Amazon Businessプログラムとは

Amazon Businessプログラムお勧めじゃないけど大口出品の月額利用料金が10円になるなら登録しておくのも良い

大口料金が10円

Amazon Businessとは、Amazon.co.jpを利用して企業間での商品の売買を行うサービスです。

Amazon Businessプログラム特徴

法人価格
一般会員向け販売価格に加え、法人・個人事業主のお客様向けの価格をご登録いただけます。

数量割引
商品を複数個購入する法人・個人事業主のお客様向けに、購入数量に応じた割引の適用が可能です。

法人限定出品
法人価格のみを登録することで、法人・個人事業主のお客様向けに限定した出品が可能です。

掛売り販売
与信確認 ・請求書発行を含め、代金回収はAmazonが代行いたします。与信確認 や入金確認などの業務を軽減しながら、企業規模や支払い方法にかかわらず、様々な企業との新規取引を安心して開始いただけます。

Business Sellerマーク
高水準のパフォーマンス*を満たした出品者様に表示されます。法人・個人事業主の購入者はBusiness Sellerマークが表示された出品者様のみを絞り込み検索することができるため、より多くの購入者の目に留まり、販売の機会が増えることが期待できます。また、安心して取引ができる企業としてのアピールも可能となります。

消費税抜き価格表示
法人・個人事業主のお客様との取引については、消費税抜き価格も表示します。

Amazon Businessプログラム成功事例

日本管材センター株式会社
建築設備に利用されているパイプやバルブを中心とした管材を取り扱っています。

株式会社ドリス
インテリア・家具を中心に開発から製造販売までの「直輸入販売」

 

卸売りは商品力がないと難しい

ありきたりの商品で卸売りをすると飲食店の無断キャンセルのような事態になる。

団体の貸切予約が無断キャンセル

貸切予約の連絡は電話であった。客は店を「ぐるなび」で知ったという。
約束の時間になっても誰一人として来店しない。連絡すら取ることができない。無断キャンセルだった。

キャンセルされても連絡すら取れないとはアマチュアも良いところ
連絡取れるのを確認してから発注しましょう。

人数変更がある場合は、予約日の2日前までに連絡をしてほしい、と約束していたが、電話はなかった。そのため、30人分の食材を調達し、準備に入った。

確認方法が紛らわしすぎる。
「予約日の2日前に人数確認の連絡をしてください。」と約束すべき。

予約日の2日前までに連絡しなけれ自動キャンセルと勘違いした可能性もある。

予約時間の午後7時半になっても、誰も来店しない。15分後に幹事の携帯電話に連絡しても通じない。ショートメールも送ったが返信はなかった。

午後9時頃には別の客が来店したが、団体予約が入っており、貸切体制だったため断った。
多くの来店客を見込める金曜日。団体客を信じて待ったが、結局、客は来なかった。

午後9時頃には別の客が来店したが貸切体制だったため断った。

パニックになっていたのだろうか?

7時15分に連絡の取れない時点で、用意したオードブルの無料提供などを目玉に集客を開始すべき。

団体客が支払うはずだった料金は1人あたり3500円。値下げの依頼に応じて決まった額だった。

安さだけを求める客は客層も悪く、トラブルも多い。
多くの来店客を見込める金曜日に会ったこともない客の貸切予約を受けるのは最低な判断。

幹事からの連絡やキャンセル料金の支払いは今もない。

あるわけ無い。

客側を断罪したり、憤ったり悲しんだりするだけでは、解決にはならないと思います。
ポータルサイトなどが、団体の貸切ならクレジットカードで前払いするなど無断キャンセルが発生しないような仕組みを作って、解決してくれればと願います。

料理が美味しくて、評判が良いなら全額前払いでも予約は入る。

問題はシステムではなく、キャンセルされる店に魅力が無いことが問題。

卸売りも、何処にでも手に入る商品を当たり前の値段で提供するのでは全く儲からない

例えば、ダイソーに卸売りをしていた老舗卸店の井上工業は倒産した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA