ココを間違えると儲かりません中国仕入商品の仕入手順


まずは、金や時間を使わないで済む方法でスタートします。
これが物販で効率よく儲けるコツです。

金運サイフ

金運サイフ

まずは、カタログ価格で売れるかどうか試して見ます。
仕入れは、安くても高くてもどっちでも良いです。

売れたら価格差3倍を狙った安値で販売先と仕入れ交渉をします。
同時に、中国の代行業者や日本の卸から仕入れる交渉をします。
そして、条件の良いところから仕入れます。

中国商品の場合、売れたら仕入れは幾らでも出来ます。
沢山仕入れれば仕入価格も下がります。
しかし、仕入交渉は手間が掛かります。
売れた商品だけ交渉したほうが良いです。

悪い例
まずは、価格差3倍を狙った安値で販売先と仕入れ交渉をします。
同時に、中国の代行業者や日本の卸から仕入れる交渉をします。
そして、条件の良いところから仕入れます。

次に、カタログ価格で売れるかどうか試して見ます。
売れない場合。

仕入れに時間が掛かったので、あるいはお金をかけて複数販売したので商品に拘ります。

売れない商品を売るというのは不毛な作業です。
ドツボにハマります。

売れない商品をどう売るか相談を受けることがあります。
売れない商品を売る工夫をしている時間があれば売れる商品を見つけたほうが良いです。

まずは、金や時間を使わないで済む方法でスタートします。
これが物販で効率よく儲けるコツです。

どの部分に金や時間が掛かるのかは商品や人によってケースバイケースです。
お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA