アマゾン輸出ホリデーシーズン利益が70万円くらいありました


転売アカデミーサポートの正しい使い方

ホリデーシーズン売り上げ

ホリデーシーズンでは11月12月の2か月で利益が70万円くらいありました。
大企業のボーナス並みですよね。

マリンさんのブログより

今日は、アマゾン輸出に取り組むとき私が心がけていることをお話します。

・わからないことは、自分で考えたり調べたりせずに、すぐ質問する。

・教えてもらったことは、そのまま実践する。

・すぐに行動にうつす。

・売り上げの報告を定期的にする。(毎月2回、1日と15日にしています)

・収支をその都度、記帳する。

守破離(しゅはり)

高額な塾なのに、「守」も自分で学べという昔の職人みたいな先生が多い。

ウィキペディアのより抜粋

守:支援のもとに作業を遂行できる(半人前)。 ~ 自律的に作業を遂行できる(1人前)。
破:作業を分析し改善・改良できる(1.5人前)。
離:新たな知識(技術)を開発できる(創造者)。

例(ラーメン作り)
守:ラーメンをレシピ通りに作ることができる。

破:ラーメン(守の段階で作ることができるようになったラーメン)のスープや麺、具材等をよりおいしくアレンジすることができる。レシピもより作りやすいようにアレンジすることができる。

離:ラーメン店を開業し、オリジナルのラーメンを作ることができる。あるいは、ラーメンから進化した新たな料理を作ることができる。
※ただし、ラーメン作りと言っても様々なスキルが必要である。上記はラーメン作りという大きな括りで示したが、ラーメン作りの中のスープ作りは「破」、製麺は「守」といった場合もあり得る。スキルの粒度は、より詳細化、具現化することができるのである。

悪い例(アフィリエイト高額塾BB)
守:ぺラページをマニュル通りに最低100個作れ。
テーマやパソコン操作は自分で調べないと力が使いので自分で調べるように。

破:月10万円稼げるようになりました。達成率0.3%。達成できた例を確認できず。

離:月収数百万稼いで人生変わりました。

守すら教えないので、収益が上がるサイトが出来ない。当然儲からない。

守を達成できる環境がないので、はじめの一歩が正しい方向なのかすら確認しようがない。
結果、役にたたない高額アフィリ塾であった。

転売アカデミーのアマゾン輸出サポート例
守:米国アマゾンで販売すると儲かる商品を見つけることができる。
ここさえ出来れば稼げる。
パソコン操作やアマゾンや購入者の対応は転売王にチャットワークで質問すれば正しい答えがわかる。

余計なことを調べる手間がないのでストレスなく稼げる。

これだけで100万円稼げればワザワザ面倒でリスクのある。破や離にチャレンジする必要すらない。

アマゾン輸出はリスクを犯して新しいことにチャレンジするより儲かっている手法を真似たほうがカンタンに稼げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA