ユダヤ人が教える儲かる商材の条件


儲かる商売のネタとは何か

銀座のユダヤ人 藤田田がユダヤ人から学んだ儲かる商材を選ぶポイント

女と口を狙え

藤田田とはソフトバンクグループ社長の孫正義が約2兆2640億円の資産を作るヒントを授けた人物です。

ユダヤの商法 藤田田

ユダヤの商法

高校生だった孫正義はこの本を読んで九州から東京へ藤田田に会いに行きました。

しかもアポ無しで門前払いを食らってもあきらめずに1週間通ったところで5分の面会をすることが出来ました。

そのときに「コンピュータの勉強をしなさい」と言われてコンピュータを学んだことが億万長者になるきっかけになりました。

女と口を狙え

女を狙う理由。
サイフを握っている。自分で稼いでいないので無駄使いをする。

口を狙う理由。
食べ物は必ず需要があるので誰がやっても成功しやすい。

藤田田の扱った商材

ダイヤモンド
三越を口説いてデパートでダイアモンドを売りました。

マクドナルド
三越を口説いてデパートでハンバーガーを売りました。

ココからアマゾンで販売するネタに繋げて考えて見ましょう。

浪費家にくだらないもの(贅沢品・趣味のもの)を売るというは正しい戦略です。

サイフのヒモが堅い人に必需品を売っても儲かりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA