アマゾンやグーグルの日本語翻訳は危険


AmazonやGoogleの日本語翻訳は危険、英語の表示に慣れて英語ページを使ったほうが良いです。

以下の3つは、翻訳された日本語だと間違いが起こり易い

ATM

アマゾン

美術館のガイドブック

 

母国語人口
公用語人口

日本語を使う人は少ないので翻訳精度が、とても低い。

 

 

UA特典航空券予約サイト

日本語で表示させると毎回バグが出る。

結果特典航空券が予約できない。

 

 

ホテルドアノブ

絵が無かれば意味不明

 

美術館

美術館のパンフレットも英語なら正しい情報が載っている

 

極度乾燥(しなさい)

まあ、へんな日本語受けることもあるけど・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA