Amazonアカウントスペシャリストも実は削除される本当の理由を知らない


Amazonアカウントスペシャリストだけがアマゾンアカウントがどういった時に削除されるのか知っている。

そう思い込んでいる人が多いですが、見込み違いの可能性が高いです。

少なくとも数百人はいるであろうアカウントスペシャリストが削除基準を知っていたら必ず情報が漏れます。

しかし重複アカウントの探知方法や削除基準、復活基準は、憶測情報しか見当たりません。

このことが意味するのは、Amazonアカウントスペシャリストは審査対象になったアカウントが何故審査対象になったかは知らない。

知っているのは、システムを作ったプログラマーなど極一部、そしてキツイペナルティ付きの守秘契約を結んでいる。

何故なら、国に拠っては法律に触れる方法でも重複アカウントの探知をしているため。

相手の承諾を得ずにパソコンのアクセス場所を検索したり、メールにビーコンを仕組むのは違法の場合が多いです。
しかし、重複アカウントを使って悪さをする相手も命がけでやっているので通常の方法では探知できない場合も多い。
そのため、ブラックボックスである検索システムの中身はスパイ映画に出て来る探知をしている可能性が高い。

そしてアカウントスペシャリストはシステムが出した指示を元に対応しているだけ。

例えば
赤色 は完全削除復活の余地なし。売上も没収。
黄色 は十分な計画と証拠が出てこなければアカウント削除。売上も没収。
青色 は十分な計画と証拠が出てこなければアカウントサスペンドのまま。

アマゾンはアカウント削除の理由を一切教えてくれません。
これは、アカウントスペシャリストも知らないという可能性が高いことを示唆しています。

だって知らないものは教えられませんからね。

一般に知られている情報では以下の項目を新しくすれば複数アカウントの運営が可能

甘いです。
ここにある項目だけだと初めは大丈夫でも売上が増えてきた頃に複数アカウントがバレます。

店舗名
担当者名

住所
バーチャルオフィス
シェアオフィス
この2つを使うのは最悪です。
ココを使うだけで怪しい会社だと宣伝しているようなものです。
銀行口座が開けない場合も多いです。

電話番号
メールアドレス
銀行口座

クレジットカード
パソコン・IPアドレス
ブラウザ

アマゾンにばれない様に複数アカウントを運営するハードルは今年になって急激にアップしています。

リスクのある商品を扱わない、リスクのある出品方法をしない、リスクのあるアマゾンへの接触の仕方をしない。

オーストラリアアマゾンの開始という美味しいイベントが控えているので大事を取ってアカウントは運営をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA